東京ジプシー・ローズ/独言節(I Love S.A.S.はひとりごと)

初めて聴いた時、イントロの8小節でシュラバ★ラ★バンバ(SHULABA-LA-BAMBA)を連想し、「この曲はファンクか?」と一瞬思ってしまいましたが、ドラミングがなかなか攻撃的で、実際はジャズのようなロックというか、ロックのようなジャズというか、なんとも表現のし難い60年代サウンドの再現でした。

この混合性は歌詞にも現れていて、Aメロ・Bメロは和、サビは洋の世界になってます。
桑田さんは日本語と英語の融合を得意としてますが、こういうパターンの混合は珍しいと思います。

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード