飛べないモスキート(MOSQUITO)

Name: crazy-fingers
Subject: 飛べないモスキート(MOSQUITO)

モスキートは,具体的にいって何の比喩なのでしょうか?

・悲しい噂で飛べないモスキート
・生まれた時代に飛べないモスキート
はいずれも同じ人を指しているのでしょうか.

また,赤い川の水もよく分かりません.蚊だったら血ですが,どうなのでしょう?

解釈の方,よろしくお願いします.

Name: マーシャ@桑田節
Subject: Re: 飛べないモスキート(MOSQUITO)

この曲はアップ・テンポでノリのいいポップな曲調とは裏腹に、歌詞は非常に重いテーマを扱っています。
それは差別問題です。

桑田さんは幾つかの問題を複合して表現しているのかもしれませんが、ここでは一つの問題を扱ったものと仮定して解釈してみます。

この曲は部落差別問題を扱ったもので、穢多(えた)と呼ばれて差別されている人達のことを歌ったものだと思っています。

穢多(えた)というのは、河原に住んで、牛や馬を殺して、その皮を剥ぐ仕事をしていた人達に対する蔑称です。
たしか鎌倉時代(間違っていたらごめんなさい)からそう呼ばれるようになり、そして、東日本在住の人(僕もそうです)には身近に感じられないことだと思いますが、西日本、特に関西方面に於いては、その差別が続いているということを数年前(90年代初期)に聞きました。

先祖が穢多(えた)と呼ばれて差別されていたという理由だけで、就職試験で落とされたり、縁談が破談になったりという理不尽なことがあったそうです。

では、crazy-fingersさんの質問に回答します。

> モスキートは,具体的にいって何の比喩なのでしょうか?

上記で述べたような、先祖から受け継いだ血によって差別されている人達と、血を連想させ、人間に忌み嫌われている蚊をダブらせて、桑田さんはモスキートという単語を使ったんでしょう。

> ・悲しい噂で飛べないモスキート
> ・生まれた時代に飛べないモスキート
> はいずれも同じ人を指しているのでしょうか.

一個人として同じ人というのではないと思います。
事実であろうとなかろうと、先祖が穢多(えた)と呼ばれて差別されていたという噂でいじめられたり、就職や結婚などの人生の大きな転機に於いて、好きな仕事にも就けず、好きな人との結婚も出来ないという、選択の制限を受け、自由を奪われてしまう、そんな理不尽な差別という同じ状況下にある人達全体を指していると思います。

> また,赤い川の水もよく分かりません.蚊だったら血ですが,どうなのでしょう?

先祖から受け継いだ血という意味であると同時に、差別されようとも、牛や馬の皮を剥ぐ仕事をしていかなければ生きていけなかった彼等の先祖が、河原で牛や馬を殺した時に大量の血が流れ、川の水が赤く染まっていった光景をも表していると思います。

Name: キタヤワダチ
Subject: Re: 飛べないモスキート(MOSQUITO)

うーん、てっきりワタシは中学校で蔓延していたイジメ問題を
或いは青少年育成問題?(何じゃ、ソレ・・・滝汗)
(まぁ、当時の学生の荒みようみたいなもんですわな)
を扱った歌だと思ってました。

それにしては、歌詞の前半なんかは
大人の偲び恋フレイバー漂っていたので、大人びた子供、
あるいはアダルトチルドレンなんかも
テーマに入るのかと独り解釈していたりして。
すいません、元来メンヘル畑の人間なもので・・・(苦笑)

サビのフレーズから「暗い教室の隅で彼は泣いてる」
は彼=恐らくモスキートなんでしょうけど・・・
ここいらのイメージが、ワタシの知っているエタやヒニン像と
どーしても、フォーカスが合わないんです。
「あらぬ良識で大人達は逃げて逝く」とか
青臭い子供の理想論的なイメージも伺えます。

孤独の太陽や、太陽の消えた街に共通する
社会が量産した心の闇が
見えてきそうなんですよね。
そう、生まれたくて生まれた訳じゃない。
ただ、時期が悪かったんだ・・・。
同じ事をポツリとつぶやいていたのを思い出しました。

モスキートの比喩についてですが

蚊のように非力(だと自負している子供が)
まぁ、闇に見入られていく様を表現しているように
思えるのです。

命を繋ぐ赤い河の水・・・これは血縁ではないかと解釈しています。

飛び立ちたいけど飛べない、縛り付けるものが多すぎて
かと言って大人のようには逃げたくない。
希望だけを抱いているそんな思春期の情にもにた歌ですな。

Name: マーシャ@桑田節
Subject: 解釈の編集

僕は、この曲は差別問題を扱ったものとし、その一例として部落差別問題を挙げました。
しかし、関西出身のワダチさんから「ワタシの知っているエタやヒニン像とどーしても、フォーカスが合わないんです」というカキコがあり、もしかして、僕が書いた「先祖が穢多(えた)と呼ばれて差別されていたという理由だけで、就職試験で落とされたり、縁談が破談になったりという理不尽なこと」というのは、現在はもうないことなのかもしれないと思いました。

俺の部落差別問題に関する知識はマス・メディアを通じて得たものなのですが、現状を自分の目で確かめたわけでもないのに、「いまだにあるそうです」と書いてしまいました。

こういった問題は非常にデリケートですが、僕は穢多(えた)と呼ばれていた人達を差別する意味で解釈したわけではないので、解釈の全面削除はしません。
しかし、差別が現存するかのような印象を与える箇所など、若干の編集をさせていただいたうえ、別の解釈も挙げてみることにしました。

Name: マーシャ@桑田節
Subject: 一度控えた解釈

この曲は薬害エイズ問題を扱ったものだと思います。
この曲は第1回AAAの翌年にリリースされたものですから、当時の僕には、薬害エイズのことだという解釈が真っ先に浮かびました。
今回crazy-fingersさんからお題を貰って、改めて詞を読んだところ、「AAAも近いし、薬害エイズは思い付きやすい解釈だな」と思って、書くのを控え、前回敢えて変化球勝負的な解釈をしました。
しかし、上記で述べたように、部落差別に関する認識に差があることがわかったので、一度控えた薬害エイズ問題を扱ったものという解釈を書くことにします。

> モスキートは,具体的にいって何の比喩なのでしょうか?

血と注射針を連想させるものとして、桑田さんはモスキートという単語を使ったんでしょう。

> ・悲しい噂で飛べないモスキート
> ・生まれた時代に飛べないモスキート
> はいずれも同じ人を指しているのでしょうか.

一個人として同じ人というのではなく、HIVに感染したことで様々な差別を受けている人達全体を指していると思います。

桑田さんはAAAをきっかけに、HIVに関する知識をより深いものとし、HIV感染者に対する差別を身近なものとして捉えるようになったのでしょう。
そして、「彼」という人物と差別による諸問題を想定して、詞を書いたのだと思います。

余談ですが、何年か前に「神様もう少しだけ」(タイトルが間違ってたらごめんなさい)というフジテレビ系列のドラマがありましたね。
あのドラマ番組は無防備な性行為によってHIVに感染した少女をヒロインとしたフィクションでしたが、彼女を通して、「友情とは?、愛情とは?、道徳とは?、正義とは?」と様々な問題を提起し、現実に起こり得る、そして、既にあるHIV感染者に対する差別を視聴者に示していたと思います。

> また,赤い川の水もよく分かりません.蚊だったら血ですが,どうなのでしょう?

自らの血液及び血液製剤のことを指していると思います。

Name: 北埜轍
Subject: 部落差別について(ちょこっと補足)

大阪には確かに風習的な意味合いで根付いていますよ。
小中高一環して部落差別問題を授業でやったりね。
大阪でも生野にトサツ場(字が出ねぇ)があったり(酷い匂いだが、金持ちが多い)
かく言う私の父も部落みたいな処の出身ですから、雰囲気だけは分かるんですよ。
先に「風習」と述べたのはイメージというんでしょうか?
歴史が作り上げた差別者、同じ血が通った人間なのに何故差別されなあかんのか?
根底は重苦しいテーマです。
それでも彼らはちゃんとどっかで何らかの恩恵を受けているので
部落をカサに威張っている輩も居る事も事実です。
これは、韓国人差別問題と同一直線状にある傾向でもありますね。
それこそが、時代錯誤なんですけれど。

閑話休題。

マーシャさんのHIV解釈は素晴らしいと思いますよ。
部落問題についても良く調べてはりますね!
そうそう、重苦しい内容ですけどね、割りと声を大にして
差別がいかんの何やのと言ってるのは部外者である事が多いんですよ。
それで食って生きている当事者(部落の人とかね)なんかは
したたかですよ。

まぁ、ちょこっと補足説明です。(桑田さんとは関係無いですけど)

Name: テリー
Subject: モスキート

TOP OF THE POPSに入っているモスキートの歌詞で「今では着れないガラスのタキシード」とありますが、これはどういう意味なんでしょうか?教えてください(=^^=)

Name: マーシャ
Subject: Re: モスキート

この曲はアップ・テンポでノリのいいポップな曲調とは裏腹に、歌詞は非常に重いテーマを扱っています。 それは差別問題です。
これに基づいて、お題のフレーズを解釈してみます。

♪現代(いま)では着れないガラスのタキシード(TUXEDO)

自分独りだけではなく、結婚相手までもが同じような差別を受けることを避ける為に自らの結婚を断念した男性が結婚式用のタキシードを眺めている状況を描いています。

「ガラスの」と表現することによって、愛する女性との結婚が脆く儚い夢と終わってしまったということが強調されています。

Name: テリー
Subject: なるほど

よくわかりました。大好きな桑田さんのうたを、意味を理解して聞くとまた違ったように聞こえて、奥深さを感じます。やっぱり桑田さんは天才ですね(=^^=)

Name: とも
Subject: Re: モスキート

この曲はたしか自閉症ののことを書いていると聞いたような記憶があるんですが…ところで自閉症ってどんな症状なんすか?ひきこもりみたいなんかなぁ?

Name: マーシャ
Subject: ともさんへ

>この曲はたしか自閉症のことを書いていると聞いたような記憶があるんですが…

それは知りませんでした。
貴重な情報を頂き、どうもありがとうございました。

>自閉症ってどんな症状なんすか?

乳幼児期に発症する精神障害の一。対人的孤立、言語発達の障害、対人関係・社会性の障害、常同症、執着的行動、知覚・感覚の異常が特徴。早期幼児自閉症。
(大辞林より)

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード