すべての歌に懺悔しな!!

マスコミが大騒ぎしたせいで、桑田さんが釈明会見までしなきゃいけなくなったほど、物議を醸し出した曲ですが、僕は「よくぞこの曲を作ってくれました!」と桑田さんに拍手喝采を送ります。

でも、リリースされた当時と今では、僕の中で賛辞の意味合いが違うんです。

リリースされた当時は、僕も70年代フォーク・シンガー達の見せ掛けだけの信念や嘘っぱちのメッセージには失望と怒りを感じてたので、桑田さんがその気持ちを代弁してくれたかのような喜びを感じました。
そして、今は、当時この曲が大騒ぎになって、ほんとに良かったなぁと思ってるんです。

当時の桑田さんはサザンの解散を考えていたと言われてますから、もしあの騒動が起きなかったら、あのままサザンの世界を捨てて、桑田佳祐という独りの男として、「孤独の太陽」を見つめ、追い続けてたかもしれません。
僕はあの騒動が起きたからこそ、桑田さんは「サザンの桑田」に戻って来てくれたと思ってます。

桑田さん個人にとっては、あの騒動は災難だったと思いますが、サザンを愛する僕にとっては、不幸中の幸いというか、雨降って地固まるというか、とにかくサザンの解散が回避された吉事でした。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード