素敵な夢を叶えましょう

Name: たか
Subject: (No Subject)

今回マーシャさんに解釈をお願いしたいのは、『素敵な夢を叶えましょう』の
「夏の夜に咲く花火が僕たちを繋ぐ最後の絆だと誰かが言った」
という歌詞です。卒業を間近に控えた人達の事を歌っている歌だと思うのですが、「夏祭り(もしくは花火大会)の時にまたみんなで会おう」という約束をしたとかそんな意味なのでしょうか?解釈よろしくお願いいたします。

Name: マーシャ
Subject: 回答

> 「夏の夜に咲く花火が僕たちを繋ぐ最後の絆だと誰かが言った」
> という歌詞です。卒業を間近に控えた人達の事を歌っている歌だと思うのですが、「夏祭り(もしくは花火大会)の時にまたみんなで会おう」という約束をしたとかそんな意味なのでしょうか?

♯解釈その1
学生時代を振り返ってみると、最終学年の夏は区切りとけじめの季節だったような気がします。
羽目を外して、友と遊び、語り合える時間が持てたのは夏までで、夏が終わると、未来への不安を抱きながら、受験や就職に向けて、それぞれが孤独な戦いに立ち向かう。
そんな過去を思い出しながら、解釈してみます。
♪夏の夜に咲く花火が僕達を
 繋(つな)ぐ最後の絆だと誰かが言った
「学生時代最後の夏のある夜、仲間達が集まって、一緒に夜空に咲く花火を眺めていた。
すると、誰かが『こんな風にみんな揃って、同じ時間と空間を共有する思い出作りは、これが最後かもしれないな』と寂しそうにつぶやいた」という場面を描いたものだと思います。

♯解釈その2
この曲が収録されているアルバム「さくら」がリリースされた年の夏、サザン20周年を記念する野外ライヴが渚園で行われ、桑田さんはサザンのライヴの定番の曲や構成をこのライヴで封印するつもりで臨んでいました。
この曲が完成した正確な時期はわかりませんが、こういった背景を考えると、この詞は渚園のライヴ後に書かれた、サザンのメンバーとファンたちに向けたメッセージのような気がします。
これに基づいて、解釈してみます。
♪夏の夜に咲く花火が僕達を
 繋(つな)ぐ最後の絆だと誰かが言った
「曲の演奏が全て終わり、打ち上げられる花火を見ながら、『これでメンバーとファンたちが一緒になって培ってきたサザンの過去は封印される。20年の集大成を締めくくる最後の花火はその封印の証として、これまで絆を深めてきたメンバーとファンたちの心の中に刻み込まれるだろう』、桑田さん(=誰か)はそう想った」という心情を描いたものだと思います。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード