マリワナ伯爵

90年代のテクノロジーを駆使して、70年代のファンクをやってみましたという感じの曲です。
こうした融合は面白いといえば面白いのですが、僕は打ち込みのサウンドにはみだらになりきれない不感症manなので、70年代を再現するなら、各楽器の演奏も70年代風に生身の人間で全編通してほしかったです。
しかも、誇り高き"No Synthesizers!"で。

マリワナ伯爵という人物も、60~70年代を連想させる人たちがモデルなのですが、大のストーンズ・ファンである僕としては、どうしても「行き先はローリング ストーンズ」のフレーズに反応せずにはいられません。
ですが、掲示板・桑田節の回答でも述べたとおり、僕にストーンズのことを語らせると長くなるので、この件に関してはいつかまた機会があればということにします。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード