マンピーのG★SPOT

この曲は桑田さんの「ザッツ・エンターテイメント宣言」だと思います。
「みんなのうた」でサザンが復活した時の桑田さんには「産業ロックの再開だよ」というどこか冷めた視点が若干感じられましたが、この曲での復活には「産業ロックでいくんだ!」という強い意気込みが感じられます。

桑田さんは身を削る想いで心情を吐露したソロ作品を巡って起きた騒動に嫌気が指し、そして、虚しさを感じ、改めて、エンターテイメントを意識するようになったと思うんです。

それがこの突拍子もないタイトルやハゲ面を被るというパフォーマンスに象徴されてますし、悲観的な視点から書かれてる歌詞は、ソロ活動への桑田さんなりの総括の意味が含まれてるような気がします。

ちなみに、僕は産業ロックという言葉を否定的には捉えてません。
ロック・バンドにしろ、ソロ・ミュージシャンにしろ、プロは皆産業ロックの住人だと思ってます。
プロは売れれば勝ち、売れなきゃ負けで、セールスや大衆のニーズなんかどうでもいい、自分が好きな音楽だけをやっていきたいという考え方は、わがままが許されるようになったベテラン大物ミュージシャンかアマチュアのどちらかにしか通用しない論理ですから。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード