真夏の果実

Name: 栞
Subject: 真夏の果実

お久しぶりです。
今回は引用ではなく、自分で考えたお題です。

♪マイナス100度の太陽みたいに
 身体を湿らす恋をして
というフレーズをマーシャさんはどう解釈しますか?

宜しくお願いします。

Name: マーシャ
Subject: Re: 真夏の果実

♪マイナス100度の太陽みたいに
 身体を湿らす恋をして

【前置き】
この曲の詞には君・僕といった人称が一切出て来ないので、誰が誰にどうなのかということが明確ではありません。
しかし、男性の桑田さんが歌っていますし、ここでは便宜上、過去に最も愛した女性(彼女と記します)のことを回顧する男性(彼と記します)の立場として解釈していきます。

「マイナス100度」と「太陽」というのは正反対の性質を表す単語の組み合わせですが、これらは一人の人間の「心」と「身体」を表していると思います。
そして、「身体を湿らす恋」というのはセックスを表していると思います。

【解釈その1-「身体を湿らす恋」の対象が彼女以外の女性だった場合】
彼はいまだに彼女のことを愛しています。
ですから、彼は、彼女以外の女性には恋愛感情を持つことができず、彼女以外の女性を抱いたところで、身体は性的興奮で太陽のように熱くなっても、心はマイナス100度くらい冷め切っているということを表していると思います。

【解釈その2-「身体を湿らす恋」の対象が彼女だった場合】
彼は愛している彼女を抱くことができました。
しかし、その後も愛情を示すのはいつも彼の方だけという一方通行で、彼女からの愛は彼には全く伝わって来ませんでした。
彼には彼女と身も心も相思相愛だという実感がなかったのです。
彼女には他に愛する男がいるのか、彼がどんなに愛を持って彼女を抱いても、彼女の身体は性的興奮で太陽のように熱くなっているだけのことで、彼女の心はマイナス100度くらい冷め切っているようだ、ということを表していると思います。
だから、彼は彼女に愛を乞うのです。
「四六時中も好きと言って」と。

Name: よーすけ
Subject: 先日はありがとうごさいました!

もう一つお願いします。『真夏の果実』が僕は大好きなんですが、「めまいがしそうな真夏の果実」とは何のことだとマーシャさんは解釈しますか?

Name: マーシャ
Subject: Re: 先日はありがとうごさいました!

連休中であっちこっち駆け回ってたので、返信が遅くなってしまいました。
どうもすいませんでした。

それでは、回答をば。

「真夏の果実」は聴く者を切ない気持ちにさせる名曲ですが、僕は、桑田さんの他のエロ歌とは一味違った手法で、性的な意味合いが含まれてる曲だと解釈してます。

では、「めまいがしそうな真夏の果実」というのは何のことなのか?

【前置き】
この曲の詞には君・僕といった人称が一切出て来ないので、誰が誰にどうなのかということが明確ではありません。
しかし、男性の桑田さんが歌ってますし、ここでは便宜上、過去に最も愛した女性のことを回顧する男性の立場として解釈していきます。

「めまいがしそうな真夏の果実」というのは真夏に出逢った女性の悩殺的な肉体のことで、下品な言い方をすると、すぐにイっちゃいそうな名器のことだと思います。
(未成年の皆さん、ごめんなさい)m(_ _)m

Name: マーシャ
Subject: 追記

シングルのジャケットを見てみて!


Name: よーすけ
Subject: 真夏の果実

真夏の果実についてです!“砂にかいた名前消して 波はどこへかえるのか”とありますが、これはただ単に「砂にかいた名前を波がざあーと濡らして、またざあーって波がひいていく」情景をあらわしただけなのでしょうかね?マーシャさんには他の情景も浮かびますか?

Name: マーシャ
Subject: Re: 真夏の果実

>マーシャさんには他の情景も浮かびますか?

風景としては、このフレーズどおりの映像が浮かびます。

しかし、このフレーズは風景を描きながら、同時に主人公の心情を表しているものだと思います。

♪砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか

(便宜上、主人公=彼、主人公が愛する人=彼女と記します)
砂に名前を書くという行為は彼女への愛を表していて、それを波が消していったということは、彼の愛が彼女に受け入れられなかったということを表していると思います。
つまり、このフレーズには「僕の前を去っていった彼女は今どこで何をしているんだろう?」という意味も含まれているのです。

Name: よーすけ
Subject: (No Subject)

マーシャさんは相変わらずロマンチストですね!!マーシャさんの解釈と人柄は本当に大好きです!

Name: マーシャ
Subject: よーすけさんへ

「虎の威を借る」ならぬ「桑田さんの詞を借る」僕がそんな風に言ってもらえるとは…。
恐縮しながらも、正直嬉しいです。
ありがとうございます!

【投稿募集】

「私ならこう解釈する」、「真相はこうなんです」、「お題を出したい」という方はどうぞ当ブログ内の掲示板「みんなのいた」に投稿してください。
また、「その他のお題と回答も見たい」という方もどうぞいらしてください。
お待ちしています!

掲示板「みんなのいた」はこちら!

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

真夏の果実の解釈 わたしの場合

マーシャさん、こんばんは。お元気にしてますか?
前回シュラバ・ラ・バンバについて質問させていただいたアクアです。

『真夏の果実』の解釈、拝見させていただきました。
わたしの解釈とは違いましたので、よろしければ聞いてください。

「マイナス100度の太陽みたいに
身体を湿らす恋をして」 のフレーズですが、
「マイナス100度の太陽」とは、元々熱かったものが冷める ということで 熱く燃えた恋が冷める=失恋 を意味していると思います。しかも「マイナス100度」なので大失恋かと思います。

「身体を湿らす恋」は涙を流しすぎて身体が湿ってしまっているかのような感覚を表していると思います。

「めまいがしそうな真夏の果実」はその恋全体を一つの果実と見立てていると思います。
恋ってまるで果実のように甘くて酸っぱいものですよねぇ?(笑)

マーシャさんは、わたしの解釈どう思われますか?

アクアさんへ

アクアさん、こんばんは。
またいらしてくださって、とても嬉しいです。

お気遣いどうもありがとうございます。
僕は元気です。
秋到来を感じつつある時期だと思いますが、アクアさんもくれぐれも季節の変わり目に体調を崩されませんように。

さて、「真夏の果実」の解釈ですが、恥ずかしながら、自分がどんな解釈をしていたのか、すっかり忘れていました。
というのも、このブログの内容は現在進行形ではなく、今はもうなくってしまった無料ホームページ・コミュニティーに開設していたホームページ「桑田節」の内容を転載したものなのです。

ということで、僕の解釈がどういうものだったのかを振り返ってみました。
僕の解釈は今から12年前のもので、かなり性的な意味でこの曲を捉えていたことがわかりました。
下品でしたねぇ(苦笑)。

それに比べて、アクアさんの解釈の美しさといったら…。
歌詞にある「涙」・「泣きたい」という言葉を深めて、恋全体を一つの果実と見立てるという解釈、お見事です。
参りました。

僕はこういうことをしたかったんです。
桑田さんの歌詞をお題に、色んな人達がそれぞれの解釈を披露しあうということを。

アクアさん、どうもありがとうございました。
また何かありましたら、臆することなく解釈を披露してください。
宜しくお願いします。

マーシャさんへ

マーシャさん、ありがとうございます。

12年も前のご解釈だったんですねぇ~。

それにしてもマーシャさんは褒め上手ですね!
マーシャさんに比べるとわたしの解釈は浅くて恥ずかしいのですが、また何か思いついたら書き込みさせていただきます。

書き込んでいないときも時々遊びにきています。
更新楽しみにしています。

Re: マーシャさんへ

アクアさん、お久しぶりです!
お元気でしたか?

まずはアクアさんにお詫びをば…。
9月8日にしてくださっていたコメントに返信せず、どうもすいませんでした。
「コメント有」の通知メールがなかったために、この3ヶ月余り、全く気付かずに見落としたまま過ごしていました。
今後このような無礼のないよう、細心の注意を払いますので、どうかご容赦ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アクアさんへ

遅ればせながら、新年明けまして、おめでとうございます。

また、温かいお気遣いのお言葉、どうもありがとうございます。
そのお言葉に甘えて、末永くゆるーいお付き合いのほど、宜しくお願いします(笑)。

さて、「コメント有」通知の有無ですが、どうもメール・サーバーの迷惑メール判定に左右されるようです。
何にでもメリット・デメリットはありますね。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード