Japaneggae(ジャパネゲエ)

♪Japaneggae(ジャパネゲエ)

初めて「Japaneggae(ジャパネゲエ)」というタイトルを目にした時、ジャパン+レゲエの造語であることには気づいたものの、てっきり「レゲエに首ったけ」や「来いなジャマイカ」に次ぐバリバリのレゲエ・ナンバーだとばかり思っていました。

ところがどっこい、聴いてビックリで、僕は心の中で叫びました。
「ポリスじゃん!」

ご存じない方に説明しますと、ポリスというのは70年代後半から80年代前半に掛けて一時代を築いたイギリスのバンドで、現在ソロとして活躍しているスティングが在籍していました。

ポリスの曲にはレゲエの影響が見られていたんですが、演奏はジャズやプログレに裏打ちされた独自のもので、「ホワイト・レゲエ」と呼ばれていました。

「Japaneggae(ジャパネゲエ)」というタイトルには「ポリスの「ホワイト・レゲエ」を継承しつつ、和の要素も取り入れた、日本人による新たなレゲエを創りたい」という桑田さんの想いが込められているような気がします。

♪Japaneggae(ジャパネゲエ)

日本語の不自由さに悩んでいた桑田さんが古語を使用して、日本語と英語の融合(?)に挑んだ意欲作です。
サウンド的にもデジタル技術を駆使していて、初めて聞いた時はこの曲の古今東西&和洋折衷にかなり驚きました。

最近のライヴでは「Se O no Luja na Quites(セオーノ・ルーハ・ナ・キテス)~素敵な春の逢瀬~」のオープニングで演奏されましたね。
僕は横浜アリーナで観たんですが、この曲が始まった時、隣の見知らぬカップルが「何、この曲?」と言いながらポカ~ンとしてたのが印象に残ってます。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード