恋人は南風

1回聴いただけですぐに好きになってしまう曲もあれば、最初は何とも思わなかったのに、繰り返し聴いてるうちに段々好きになっていく曲もあります。
僕の場合、この曲は後者でした。

人間関係もそうですが、案外後者のパターンの方が、好きっていう感情が長続きしたりするんですよね。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

恋人は南風

Name: ひさこ
Subject: 恋人は南風

CD買って歌詞を読みましたが、やはり「終わりなき最後の夏」の意味がよく分かりません。それともう一つ「OH!FRESH!!~ドクダミ・スパークのテーマ~」の強い臭味とはドクダミの臭いのことですか?なぜバッチリなのですか?いろいろ質問してすみませんm(_ _)m。よろしくお願いします。

Name: マーシャ
Subject: Re: 恋人は南風

>CD買って歌詞を読みましたが、やはり「終わりなき最後の夏」の意味がよく分かりません。

色んな解釈が出来て、いかにも桑田さんらしいフレーズですよね。
桑田さんの詞では、夏という単語に幾つもの意味が込められていることが多く、この曲でも、夏という季節・夏の恋・最愛の女性(ひと)などを全てひっくるめて、夏と表現しているのだと思います。

では、解釈をば。

♪終わりなき最後の夏でした

♯解釈その1
彼にしてみれば、彼女は「これで最後のlady」と思える存在で、彼は彼女のことを心から愛していた。
そして、この恋は永遠に続くものだと、彼は信じていた。

♯解釈その2
彼にしてみれば、彼女は「これで最後のlady」と思える存在で、彼は彼女のことを心から愛していた。
けれど、彼女は南風のように彼の前から去って行ってしまった。
季節は巡り、毎年夏は必ずやって来るというのに、彼は彼女のことをいつまでもいつまでも忘れられず、彼の心の時計は彼女に恋をした過ぎ去りしあの夏の日で止まっていた。

♯解釈その3
毎年夏が来る度に激しい恋をしては相手を「最後のlady」だと思い込んできた彼。
そんな彼の前に彼女は現れた。
彼は「彼女こそ俺の『最後のlady』だ」と信じて、彼女に恋をした。
けれど、またいつものようにふられてしまった。
彼が「最後のlady」を求める夏はこれからも続く。

>「OH!FRESH!!~ドクダミ・スパークのテーマ~」の強い臭味とはドクダミの臭いのことですか?

ドクダミは悪臭がするので、きっとそうです。

>なぜバッチリなのですか?

この「バッチリ」という表現は決して良い意味ではなく、まずさを強調する意味で使っているのだと思います。
つまり、飲んでみないとわからないまずさや液体の見た目ではわからないまずさではなく、缶の蓋を開けるだけで、いかにまずいかがすぐわかる、それはもう強烈なまずさであるということを表現しているのだと思います。

ドクダミ・スパークは何かの罰ゲームには持って来いの飲み物のようですね。

Name: ひさこ
Subject: Re: 恋人は南風

ありがとうございますm(_ _)m。まーしゃさんの「夏には最愛の女性という意味も含まれる」という解釈の深さに、感動しました。私は解釈2しか想像できませんでした。でも彼は失恋していないかもしれないし、すぐにネクストにいけるタイプかもしれませんよね。とても深い曲ですね。「ドクダミ・スパーク」はバッチリというほど苦いのですね!恐ろしい飲みものです(-_-;)。体には良さそうですけどね。

Name: マーシャ
Subject: Re: 恋人は南風

>彼は失恋していないかもしれないし、すぐにネクストにいけるタイプかもしれませんよね。

なるほど。

♯解釈その4
毎年夏になると、浜辺で身体目当てのナンパばかりしてきた遊び人の彼が純情可憐な彼女と出会って、初めて本気で人を愛した。
けれど、彼女は南風のように彼の前から去って行ってしまった。
時は流れ、夏が何度巡ってこようとも、彼が本気で愛した女性(ひと)は、彼女が最初で最後だった。

ひさこさん、解釈その4のきっかけを作ってくださって、ありがとうございました。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

BAN BAN BAN

年齢を重ねるにつれて、音域が狭くなって、高音が出なくなり、持ち歌のキーを下げるヴォーカリストが多々いますが、桑田さんは日頃の鍛練の賜物か、サザンのライヴではキーを下げて歌うということはありません。
全くタイシタ人ですね。

でも、初めてのソロ・ツアーの「さのさのさ」ではこの曲のキーを下げてました。
珍しいことです。
もしかして当時は喉の調子が良くなかったんでしょうか?
この曲は、キーが高いので、ライヴでは序盤にやらないと、いくら桑田さんでもオリジナルのキーで歌うのはキツイのかもしれませんね。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

BAN BAN BAN

Name: よ~へ~
Subject: BAN BAN BAN

桑田サンの『BAN BAN BAN』の歌詞でChapeauxという単語が出てきますがどういう意味でしょうか?また、サビの和訳お願いしたいのですが、なにぶん英語に滅法弱いもので…。よろしくお願いします。

Name: m
Subject: Re: BAN BAN BAN

again、フランス語です。chapeauxは帽子という意味のchapeauの複数型です。その前後の歌詞を知らないので、できれば前後の歌詞も載せていただけませんか?

Name: マーシャ
Subject: 回答

まず、chapeauxの意味から説明しましょう。
mさんが既に説明してくれたように、chapeauxはフランス語で、帽子のことです。

次に、サビの和訳をしてみましょう。

*BAN BAN BAN
 One day wearin' so many wears
 So many chapeaux
 And so many ties

このフレーズの意味は「今日一日は服も帽子もネクタイも全部脱いじゃえ!」という感じではないでしょうか。

このフレーズは英詞(chapeauxのみフランス語)ですし、この曲の詞全体を通した意味からしても、一見浮いているような気がします。

しかし、「服・帽子・ネクタイ」というのを「別れた彼女との思い出・未練・後悔」といったものに置き換えて、「それらを全部捨てちゃおう!」と自分自身に言い聞かせている決意表明であるという風にこのフレーズを解釈すれば、違和感がなくなると思います。

【お題】

"KUWATA BAND"(桑田さんのソロ・プロジェクト)に"BAN BAN BAN"っていう曲があって、歌いだし兼サビに下記のフレーズがあるんだ。

BAN BAN BAN
One day wearin' so many wears
So many chapeaux
And so many ties

以前掲示板・桑田節でこのフレーズの和訳を頼まれて、自分なりに解釈してみたんだけど、「英語圏の人にはどう伝わるんだろう?」って、ずっと疑問だったんだ。

そこで、今回は、このフレーズがどう伝わるのか、その解説をお願い!

ちなみに、歌詞の全文は下記の通り(省略)だよ。

(質問者:マーシャ)

【回答】

「勝手に答えてケースケ節」

♪BAN BAN BAN

*BAN BAN BAN =バンバンバンには意味はなくただのスキャットで、ドゥーワップみたいなもの。

One day wearin' so many wears =あれこれ沢山身に付ける。

So many chapeaux =沢山の帽子(chapeau bras シャポーブラ、18世紀軍人の使った折りたたみの三角帽。フレンチ)

And so many ties =沢山のネクタイ

あれこれと、身につけるもの(しなくてはならないこと)が多くてげっそりする気分をスキャット風に歌っているのではないかと思う。

シャポーをハットにしなかったのは何故か判らないが、歌を聴いてみて、ゴロが合うのはシャポーと見たのでケースケ君もゴロ合わせにしたのかと思うが、彼のことだから、もっと深い自分だけの知る意味があるのかもしれない。(私の本心はないと見ているが、LOL !)

でなければ、フレンチおたくの高島夫婦に影響されたか、、、
(知ってますか?今は息子二人も俳優ですね。)

スペルも英語じゃなくてフレンチだもんねぇ。私も勉強になりました。

私のお薦めとして:この部分は心の葛藤を詩的に表現しているので、後の歌と無理につなげずに存在させておくのが無難と思われる。

おまけ:I can cry, I don't know why は英文としては変。
    I am crying, I don't know why. なんだけど。

でもいいかぁ、ケースケ君だもんね。
BA~Nと行こう! BA~Nと !!

Stay Tune folks and see you all in next week !

お急ぎ 追加分

So many chapeaux =沢山の帽子(chapeau bras シャポーブラ、18世紀軍人の使った折りたたみの三角帽。フレンチ)

突然お勉強:上の文を見てて『ああっ!!』と思いませんか?
      
      帽子のことをフレンチでは頭のブラジャーなんだ!こりゃぁ!
      ケースケ君、知っていたと思う人、手を上げて下さい。

(回答者:PBLさん)

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

桑田佳祐「第二回ひとり紅白」関連ニュース

同内容のニュースですが、各社の視点や切り口などを読み比べてみたい方はどうぞ!

桑田佳祐『ひとり紅白』映像化! "ジジイ・ガガ"ほか全55曲完全収録写真(マイナビニュース)17時30分

桑田佳祐、『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』奇跡の映像化決定!(CDジャーナル)16時17分

桑田佳祐の「第二回ひとり紅白歌合戦」が映像作品化!写真(minp!)10時0分

桑田佳祐「ひとり紅白」DVD、収益金はエイズ啓発活動へ(サンケイスポーツ)7時0分

桑田佳祐「ひとり紅白」映像化!ガガ側の承諾も得て夢の商品化(サンケイスポーツ)7時0分

桑田佳祐「第二回ひとり紅白」DVD化!楽曲使用許諾の困難くぐり抜け…写真(デイリースポーツ)6時58分

桑田佳祐、<昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦>がDVD&Blu-ray化写真(BARKS)4時2分

桑田佳祐、『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』が映像作品として3/12にリリース写真(RO69(アールオーロック))4時0分

桑田佳祐『ひとり紅白』、全55曲を“完全”映像化写真(オリコン)4時0分

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

「もし娘がいたら」の話になった時のコメント

桑田氏宣はく、
「娘の名前は桑田冷夏江(れげえ)」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

リボンの騎士

♪リボンの騎士

サザンのアルバムに収録されている原坊ヴォーカルの曲はよくアイドル歌手などにカヴァーされていたものですが、近年はどうなんでしょう?

もし他の歌手がカヴァーするにしても、この曲はかなり難しいでしょうね。
曲のイメージをエロに偏らせるのは簡単ですが、癒しと同居させて、絶妙なバランスを保てるのは、原坊以外にそう何人もはいないんじゃないでしょうか。

♪リボンの騎士

一歩間違えれば「痴女の誘惑」になりかねないエロ歌ですが、それを癒しの歌に聞かせているのはひとえに原坊のキャラクターに負うところが大きいと思います。

でも、僕の中で「女性を抱きたい」という欲求と「女性に癒されたい」という願望は同列にならないので、この曲を聴いても、いまいちグッと来ないというか、興奮するでもなく癒されるでもない中途半端な感じがして、感情移入できません。

また、僕は掲示板・桑田節の回答で「手塚治虫さんの代表的な少女漫画である『リボンの騎士』をそのままタイトルに使用したのは愚行だと思っていた」と過去形で書きましたが、内心では「何も自己のオリジナリティーを放棄してまで、そして、ネーミングのセンスのなさを非難されるのを覚悟してまで使うことはなかったんじゃないか?」と今でも疑問に思ってます。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

リボンの騎士

説明不足でごめんなさい ももとどちゃん

「リボンの騎士」の最大の謎をいくつかあげたいと思います。

1・彷徨う男の魂を誘うワルキューレ 消えゆく炎を燃やすカバリエの部分の「カバリエ」は「代わりへ」と思っていてカラオケで歌ったら実は違っていたことに気がついた!!「カバリエ」って一体なんだろう?

2・男の船が櫓を漕ぐ時 女の海に潮が満ちる 愛が宇宙で萌えた時 あのオーロラが夜空を駆け巡る
男の船と女の海ってあれのことですよねえ。それと「愛が宇宙で萌える」って桑田さんはわざと使ったのでは?

これはキラストのライナーノーツを見ながらカキコしていますが、原さんの「イロイロのパー」以来のエロ曲といわれていて、癒されたい男の願望を歌った曲といいます。たしかに子守唄的な部分が大きいですね。

私がサザンのライブで原さんソロが好きなのも彼女の癒しに引かれているのかもしれません。また分かることがあったら書きます。

Re: 「リボンの騎士」 ももとどちゃん

追記です!「リボンの騎士」というタイトルですが、原さんは子供のころ手塚アニメの大ファンで、真剣に漫画家を目指していたと「娘心にブルースを」に書いてありましたが、それもモデルなんでしょうか?

Re: 「リボンの騎士」 マーシャ

では、回答をば。

> 「カバリエ」って一体なんだろう?

騎士を意味するフランス語です。
ちなみに、現在では紳士やダンスの男性パートナーのこともこう呼びます。

> 2・男の船が櫓を漕ぐ時 女の海に潮が満ちる 愛が宇宙で萌えた時 あのオーロラが夜空を駆け巡る
> 男の船と女の海ってあれのことですよねえ。

お察しの通りだと思うので、明確な回答は控えます。

> 「愛が宇宙で萌える」って桑田さんはわざと使ったのでは?

逆にお聞きしたいのですが、ご質問の意味は「『愛が宇宙で萌える』というフレーズが既存の著作物にあったもので、それを桑田さんが引用したのでは?」という意味でしょうか?
もしそうなら、真相は僕にもわかりません。

いずれにせよ、「男の船が~夜空を駆け巡る」までのフレーズは男には計り知れない女体とエクスタシーの奥深さを神秘的に表現したものだと思います。

> 「リボンの騎士」というタイトルですが、原さんは子供のころ手塚アニメの大ファンで、真剣に漫画家を目指していたと「娘心にブルースを」に書いてありましたが、それもモデルなんでしょうか?

情報ありがとうございました。
おそらくももとどちゃんさんの推測どおりだと思います。
恥ずかしながら、僕は「娘心にブルースを」をいまだに読んでいないので、こうした背景があったことを全く知りませんでした。
僕は、桑田さんが手塚治虫さんの代表的な少女漫画である「リボンの騎士」をそのままタイトルに使用したのは愚行だと思っていたのですが、きっと桑田さんから原坊へのプレゼントの意味が込められていたんですね。

続「リボンの騎士」 投稿者:ももとどちゃん

前回の話の続きです。「リボンの騎士」の件ではありがとうございます。「愛が宇宙で萌える」というのは「萌える」と言う言葉をわざと使ったのではと言うことです。どうしてかというと、○○萌えという言葉が良く使われているのを桑田さんがわざと遣ったのではないかと言うことです。

「リボンの騎士」のライブバージョンはダンスが妖艶でした。ナゴヤドームのときは席がすごい後ろだったのでスクリーンしか見えなかったけど、お正月明けに頂いた年越しライブのビデオで改めてみたらすごかったです。

この曲に関してはあるサザンファンの友人(男性)が「あれは女性が好きな歌」と言っていました。原さんの声の魔力もあるかもしれませんが。

この曲で桑田さんが一番言いたいことは「私の中に命を宿すために」の歌詞に出ていると思います。

Re: 続「リボンの騎士」 マーシャ

> 「愛が宇宙で萌える」というのは「萌える」と言う言葉をわざと使ったのではと言うことです。どうしてかというと、○○萌えという言葉が良く使われているのを桑田さんがわざと遣ったのではないかと言うことです。

これまでも流行を敏感に察知しては自作に取り入れてきた桑田さんのことですから、おそらくそうでしょうね。
それでいて、「『萌える』という言葉の本来の使い方はこうなんだよ」と示しているような気もします。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

「最初に買ったレコードは?」の問いに対して

桑田氏宣はく、
「ローリング・ストーンズのシングル"Time Is On My Side"」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

BOHBO No.5

♪BOHBO No.5

初めてこの曲のタイトルを聞いた時、「ボーボ?久々に悪い虫が起きてきたな」と思いました。
僕の言う「悪い虫」というのは言葉どおりの悪い意味じゃなくて、愉快犯的に大衆を驚かそうとする桑田さんの茶目っ気みたいなものです。

でも、この茶目っ気はあくまでも陽の部分であって、その裏にある陰の部分はミュージシャンとしての欲求不満のような気がします。
桑田さんはもはや何をやっても容認されるほどの大物になってしまった自分の立場に苛立ちを感じ、大衆に向かって「こんなのはどうだ!驚いたか?」とこの曲を投げつけた。
僕にはそう思えてならないんです。

♪BOHBO No.5

タイトルは妖しげなのに、歌詞の本質はシリアスという点に「マンピーのG★SPOT」と相通ずるものを感じます。
しかし、僕だけかもしれませんが、歌詞にこれまでの傾向とは異なるものを感じるんです。

桑田さんの曲には過去の恋愛の回顧や愛した女性への未練を描いているものがとても多いのですが、この曲の「俺」は、「フラれたくらいじゃくじけない」、「負けたら這い上がる」と、これまでの主人公には見られなかった、実に前向きな姿勢の持ち主です。

そこで、僕はまたいつもの勝手な解釈をしました。
この曲は、恋に、友情に、そして、将来進むべき道に悩める世代真っ只中にいる、桑田さんの息子さんたちに捧げられたメッセージ・ソングなのではないかと。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

BOHBO No.5

無題 投稿者:産業道路

約30年にわたって日本の音楽界を第一線でリードしてきた桑田さん。その栄光は言うまでもありません。
近年、キラーストリート・オールドマンという流れの中で、それらの歌詞を見てみると、良い意味で枯れていくことの美しさというか、壮年の輝きみたいなものを前面に出しているような気がします。

ところで、ボーボの歌詞の中に、「過激にロックンロールにしようか、それとも・・」というのがありますが、これは、ソロ活動終了後に出したシングル(涙の海~愛と欲望)を見つめ直すという意味でしょうか。
うまく言えませんが、営利的というか、万人受けする曲・浅くて広い曲を作っていくか、自分のやりたい音楽・世間には受けなくてもコアなファン向けの曲を作っていくかという岐路に立っているという風に解釈すべきでしょうか。
確かに、ソロ活動終了後の曲は、何かのタイアップになっていたりするのが多くて、桑田さんもやりたい通りにできない部分もあったと思います。

Re: 無題 マーシャ

この曲は、桑田さんが真情を吐露したもの、同じ時代を生きた同世代の人たちへの問題提起、今が青春の少年少女たちへの応援歌など、様々な捉え方が出来ると思います。

その中で、今回産業道路さんが示した、桑田さんが真情を吐露したものという捉え方で当該フレーズを解釈するならば、僕は産業道路さんと同じように、「これまでにやったことのないような革新的な曲で自分たちのやりたいようにやってみようか?それとも大衆が抱いているサザンのイメージを踏襲した万人受けする曲で無難にいこうか?」という意味だと解釈します。

当該フレーズ以外に目を向けてみても、"Free me again"というフレーズは「やりたいようにやらせてくれ!」という願いのように思えますし、「二度とは帰らぬBrighter days」というフレーズは「好きな音楽を好きなようにやって楽しんでいた青学時代にはもう戻れない」という寂しさと受け取ることができます。
("Brighter days"は青学の音楽サークル「ベターデイズ」を言い換えたものと解釈)

これらを踏まえて、僕は産業道路さんの解釈に同意します。

Re: 無題 産業道路

これだけのバンドだと、ある程度無難にいってある程度売り上げないといけない現実もありますしね。
やりたいようにやらせてもらえない現実もあるのでしょう。

桑田さんの歌詞って意味が深いですよね。
フォークソングのように描写がはっきりしていなくて、何かの雑誌に書いていたけど桑田さんは歌詞はメロディーにうまくのせる感じって言ってました。
本人にとってはそれほど深いメッセージを書いてるつもりはないのかもしれませんが、聴き手にとってはあれこれ勘ぐりたくなるし、勘ぐれば勘ぐるだけ歌詞の裏に何かを見つけることができます。
ま、私なんぞは見つけたつもりでいるだけですが。
でも、きっとこれでいいんですよね。

Re: 無題 マーシャ

ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがこんなことを言っています。

「ロックン・ロールの曲はそう長い命じゃないと思う。
少なくとも俺にとってはね。
1曲書き終えると、すぐに次のが書きたくなる。
レコーディングしちまえば、もう自分独りのものじゃなくなっちまう。
レコードになって世間に流れりゃ、誰にだって歌えるし、誰にだって演奏できる。
もしやりたきゃね。
変えたって構わないしね。
わかるだろ?
もう自分のものじゃなくなってるのさ。
自分のベッド・ルームかなんかでやってるうちは、まだ自分独りのものさ。
でも、一旦外に出てってしまえば、もう次の曲をやり始めるしかないんだ」
(ローリングストーンズ語録@シンコーミュージックより転載)

桑田さんがミックと同じ考えかどうかはわかりませんが、「悪意を持って曲解しなければ、歌詞をどう解釈しようと、読み手の自由である」と僕は思ってます。
ですから、産業道路さんも独自の解釈をこれからも続けてください。

BOHBO No.5 投稿者:たか

さっそくですが、解釈というか質問というか、新曲のタイトル『BOHBO No.5』、“BOHBO”についてはジャケットからもなんのことだか想像はつくんですが(笑)、なぜ“No.5”なのでしょうか?歌詞をいくら読んでもいくら考えてもわかりません…マーシャさんはどうお考えですか?

Re: BOHBO No.5 マーシャ

では、回答をば。

この"No.5"はラテン・ナンバーの名曲である「マンボ No.5」を意識して付けたものだと思います。
ちなみに、「マンボ No.5」は「ア~アッ、ウッ!」という掛け声が印象的な曲で、「スターどっきり」の類の番組で、芸能人がどっきりに引っ掛かって驚いている場面を何度も繰り返す際によく使われています。
たぶんたかさんも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

Re: BOHBO No.5 たか

マンボNo.5、ですか…ドッキリで…う~ん…聞いたことあるかもしれないですが、ちょっとわからないですね。いつか聞ける機会があることを願うしかないです。しかしマーシャさん、いつも思うのですが物知りですね(笑)

Re: BOHBO No.5 マーシャ

ちなみに、僕は全然物知りなんかじゃないですよ。
偏った知識をここで披露してるだけですから(笑)。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

「JAIL~奇妙な果実~」の裏話

桑田氏宣はく、
「この間、初めてSMバーに連れて行かれたんです。その翌日にこの歌詞が思いついたんです」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

愛と欲望の日々

Name: あくえりあす
Subject: 愛と欲望の日々

♪肥たるマニアはパラダイス
♪声出すマリファナパラダイス

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

愛と欲望の日々

愛と欲望の日々 - DH

狸穴や、beerの意味はなんでしょうか。

Re: 愛と欲望の日々 - マーシャ

では、回答します。

まず「狸穴」ですが、これは東京都港区に実在する麻布狸穴町(あざぶまみあなちょう)に由来しているようです。

続いて、「beer」ですが、これは1番の「迷宮(おみや)」や「密室(へや)」に合わせて韻を踏みつつ、祭祀(まつり)で見られる「ビールで乾杯!」という光景を描いているように思えます。

Name: みっつんさん(管理人による転載)
Subject: 愛と欲望の日々

(下記の文章は交流節の方に投稿されたものなのですが、新たなジャンルのお題になると思い、投稿者であるみっつんさんの許可を頂いたうえで転載しました)

 ご無沙汰です!貧乏暇なしみっつんです。。覚えてますか・・・!?
さてこの度は、「愛と欲望の日々」CD購入記念と題して投稿します。。。
これは、オール文句なし!さらに、ジャケットもいいねぇ~!!2,3年前に出た、ユーミンのアルバムのジャケットを思い出したのは、私だけでしょうか~!?(だいたひかる風)
 しかし、この足のクローズアップは誰がどんな目的で考案したんだろ~か!?それにしても素敵だ!月夜の明かりでミュールも輝いてるよ~!いや・・・、待てよ、この月はよく見るとミラーボール!?まぁ、いいや~!右下方に「さくらんぼ」って・・・、なにか、意味深・・・!!!???きっと・・・チェリーボーイー!?もう、自分でも、意味わかんねぇ~!
 さて皆さん、このnewジャケットと手にとって見てみよ~う!!
それでは、想像してください・・・・。。。
この美脚の女性の姿を・・・!!推定身長、170cmのスレンダー体系。よ~く見ると、右足首のアキレス腱部に靴擦れの痕があるではありませんか~!?そう、気づかれた方もいるかもしれないですが・・・、ずばり言うわよ!!これは、まさしく、ナースシューズの痕!そうです、白衣の天使です!(すいません、変態男の欲望です。。。) この痕跡から、察すると推定勤続年数2年。配属は内科!すなわち、推定年齢24歳!ナースの過酷な仕事の要領を覚えた頃です。また、この女性が降ってる(高い所から、低いところへ)のが分かります!?そうです!仕事が終わったのです!つまり、自由時間です!さぁ、これから、LONELY WOMANが、愛と欲望を充たす時間です!(かなり、無理があり・・・、すいません!)

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード