BLUE HEAVEN

桑田氏宣はく、
「俺、この曲(BLUE HEAVEN)大好きなんですよ」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

Soul Bomber(ソウルボマー)(21世紀の精神爆破魔)

キングクリムゾンの「21世紀の精神異常者」を連想させるこの曲のタイトルを初めて見た時、「どんな曲だろう?」と期待に胸躍らせたことを覚えてます。
実際に僕好みのハード・ロック・ナンバーで、96年の「ザ・ガールズ 万座ビーチ」で聴けた時は歓喜の声を挙げました。

でも、この手の曲は、バンド・マン受けはするものの、大衆の反応はあまり良くないようで、99年の『Se O no Luja na Quites(セオーノ・ルーハ・ナ・キテス)~素敵な春の逢瀬~』での演奏を最後に、ライヴでは披露されてません。

タイトルに「21世紀の」とあるんですけどねぇ…。
皮肉なものです。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

Soul Bomber(ソウルボマー)(21世紀の精神爆破魔)

友人からの質問シリーズその6

今回も僕の友人からの質問とそれに対する僕の回答を記します。

『「腹で暴れる Kangaroo」って?』(サザンの「Soul Bomber(ソウルボマー)(21世紀の精神爆破魔)」より)

♪Stomach 痛みぬ
 腹で暴れる Kangaroo

1番の歌詞にある「病んでる」に合わせて韻を踏みつつ、「母親カンガルーが腹部の袋に子供を入れているかのように、主人公の腹の中にはまるで何かの生物が住み着いていて、それが暴れているかのように思えるほど、強烈な胃の痛みを感じる」という意味を表したものだと思います。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

慕情

「慕情」のピアノのアレンジはジョン・レノンの"Oh My Love"のパクリ。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

恋のジャック・ナイフ

♪恋のジャック・ナイフ

桑田さんの作る曲には誰々風というのが多々ありますから、誰々の曲みたいという指摘を目にしたり、耳にしたりすることには慣れていますが、この曲のイントロが近藤真彦さんの「ふられてBANZAI」という曲に似ているという指摘にはコケてしまいました。

♪恋のジャック・ナイフ

アレンジは今風なのに、メロディーは昔の日本の歌謡曲というアンバランスが面白いです。
この手のメロディーの曲は、ヴォーカルが原坊で、アレンジも歌謡曲を踏襲したものが多いんですが、そのどちらでもないこの曲はサザンのナンバーの中でも異色の作品と言えるでしょう。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

恋のジャック・ナイフ

Name: ????
Subject: 恋のジャック・ナイフ

お久しぶりです!!今回も同じような質問なんですが、恋のジャック・ナイフのイントロの部分の英語は何て言ってるんですかね?

Name: PINKY
Subject: Re: 恋のジャック・ナイフ

はじめまして!パンク好きだけど、サザンも好きなPINKYと申します。
この曲の冒頭の英語ですが、高校のときに帰国子女の友達が、
「PUT YOUR HAND IN THE AIR!」って言ってたような気がします。
「手を上げろ!」っていう意味らしいですが。

でも随分昔のことで記憶もあいまいですので正しいかはわかりません・・・・。
いきなり割り込んで申し訳ありませんでした。

Name: m
Subject: (No Subject)

確かに私にもput your hands in the airと聞こえます。これは、アメリカ等で銃を持った人が、相手に言う言葉ですが、この歌の歌詞と関係あるんでしょうか??

Name: マーシャ
Subject: Re: (No Subject)

>アメリカ等で銃を持った人が、相手に言う言葉ですが、この歌の歌詞と関係あるんでしょうか??

歌詞との関連性は低いですが、背後から近づいてジャック・ナイフを突きつける、そんなイメージをこのフレーズを含めたイントロで表現し、曲に緊迫感を持たせたかったのではないかと思います。

Name: m
Subject: Re: (No Subject)

なるほど!!
ところで、ジャックナイフってなんですか?すごいバカバカしい質問でごめんなさい。

Name: マーシャ
Subject: Re: (No Subject)

ジャック・ナイフとは折りたたみ式の大型ナイフのことです。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

桑田さん曰く

「ビートルズの曲で一番好きなのは"We Can Work It Out"」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

マリワナ伯爵

90年代のテクノロジーを駆使して、70年代のファンクをやってみましたという感じの曲です。
こうした融合は面白いといえば面白いのですが、僕は打ち込みのサウンドにはみだらになりきれない不感症manなので、70年代を再現するなら、各楽器の演奏も70年代風に生身の人間で全編通してほしかったです。
しかも、誇り高き"No Synthesizers!"で。

マリワナ伯爵という人物も、60~70年代を連想させる人たちがモデルなのですが、大のストーンズ・ファンである僕としては、どうしても「行き先はローリング ストーンズ」のフレーズに反応せずにはいられません。
ですが、掲示板・桑田節の回答でも述べたとおり、僕にストーンズのことを語らせると長くなるので、この件に関してはいつかまた機会があればということにします。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

マリワナ伯爵

マリワナ伯爵 投稿者:たか

「Young Love」収録曲の『マリワナ伯爵』、ファンキーな曲で好きなんですが、これって誰のことを歌ってるんでしょうか?「生きがいはR&B BLUES」とか「行き先はローリングストーンズ」などのフレーズから、海外のミュージシャンの誰かかな?と思うんですが、さっぱりわかりません(笑)それとも誰でもないんでしょうか?

マーシャさんはこの曲をどのように解釈してますか?

Re: マリワナ伯爵 マーシャ -

> これって誰のことを歌ってるんでしょうか?

マリワナ伯爵という人物は、"SEX,DRUG & ROCK'N ROLL"がスローガンだった60年代を象徴するミュージシャンたちの複合体だと思います。
モデルとなった人物は複数名いるようですが、マリワナ伯爵というタイトルやたかさんが挙げたフレーズなどから、ローリング・ストーンズのギタリストのキース・リチャーズが代表的なモデルであることが窺えます。

ストーンズのことを僕に語らせると長くなるので、手短に説明しますね。
キースはかつて重度のジャンキーでした。
そして、キースには、伯爵のような衣装を着て、煙に埋もれ、まるで幻覚症状に陥っているかのように撮られている写真があるんです。
その写真は"Rock & Roll Circus"というテレビ番組収録時のスナップ写真なのですが、おそらくマリワナ伯爵というタイトルはその写真をヒントに名付けられたものだと思います。

> マーシャさんはこの曲をどのように解釈してますか?

僕は60年代を忘れられないマリファナ常習者の戯言だと解釈しています。
そう、あくまでも戯言です。
なぜ僕がこんな言い方をするかというと、余談として聞き流してほしいんですが、この曲は見方によってはマリファナの肯定及び合法化の主張とも解釈できるからです。
でも、「まさか桑田さんに限って…」ですよね。

Re:マリワナ伯爵 たか

僕はローリングストーンズに関しては名前を知ってはいても知識はないに等しいので、貴重な情報を教えていただき嬉しいです。

聞き流してほしい、というところを聞き流せないんですが(笑)、確かにマーシャさんの解釈を拝見してから詞を読み直すと、

「俺を責めなくたって~人の欲望のせいじゃない?!」
や、2番の
「俺が見た文化って~時代と場合にって言うじゃない?!」
など、戯言・肯定と思えるフレーズはありますが、どのあたりが合法化の主張にあたるのかわかりませんでした。
正直、幅広すぎるくらい(笑)様々なテーマで詞を書いてらっしゃる桑田さんなので、そういうテーマの詞があってもおかしくはないかな、と個人的には思います。

Re: マリワナ伯爵 マーシャ

> どのあたりが合法化の主張にあたるのかわかりませんでした。

サビの
Keep on lovin', Baby please
With your lovin', Make me free
です。

実は、世間的には全く騒がれませんでしたが、マリファナ合法化を唱えている人たちの間でこのフレーズが話題になったらしいんです。
このフレーズは主人公であるマリファナ伯爵の心情を表したものですが、どうもこれを作者である桑田さんの主張だと解釈されたみたいです。

> 正直、幅広すぎるくらい(笑)様々なテーマで詞を書いてらっしゃる桑田さんなので、そういうテーマの詞があってもおかしくはないかな、と個人的には思います。

たしかに桑田さんはこれまで表現のタブーを何度も打ち破ってきた人ですし、虚構の世界ではどんな人物や行為を描いても構わないと思います。
ただし、上記で述べたような「登場人物の心情=作者の主張」と受け取られかねない危険性には気を付けてほしいですね。

Re:マリワナ伯爵 たか

なるほど、確かに合法化の主張ととれるフレーズですね。やっぱりどうしたって歌詞というのは作者の主張と受け取られがちですからね、気をつけてほしいですね。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

リスナーからの「最も好きなアルバムは?」の問いへの桑田さんの回答

ポール・マッカートニーの「ラム」

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

汚れた台所(キッチン)

ボブ・ディランに関してそれほど詳しくない僕にでも、桑田さんがいかにボブ・ディランから大きな影響を受けていたのかがわかる曲です。
「ニッポンのヒール」も同様でしたが、この曲の方が、ロック色が強く、キーがマイナーなだけに詞の内容も重く伝わってきます。

桑田さんはボブ・ディラン風の曲を歌う時は必ずといっていいほど歌い方や声を変えているんですが、この曲での桑田さんはボブ・ディランとは違う声質を意識しているような気がして、ずっと引っ掛かっていたんです。

でも、後に桑田さんが「ショーケン(萩原健一さんの通称)の声が好き」という発言を聴いて、「なるほど、じゃあ、あの声はショーケンを意識してたのかも」と思うようになりました。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

汚れた台所(キッチン)

友人からの質問シリーズその2 投稿者:マーシャ

今回も僕の友人からの質問とそれに対する僕の回答を記します。
「自作自演に思われるのではないか?」という不安から長い間掲載をためらっていたのですが、皆さんからのお題の投稿を頂くまではこのシリーズを続けていこうと思っています。

「汚れた台所(キッチン)のタイトルが意味するものは?」

「汚れた台所(キッチン)」という言葉は売春を描いている1番の歌いだしで出てきています。
古臭いフレーズですが、かつて「台所は女の城」と言われていました。
その女性を象徴する場所が汚れていることを描写することによって、真剣に求愛する男性に対してさえ売春を自ら持ちかける女性のふしだらさをより強調しているのだと思います。

また、2番の2回目のAメロには「妖怪達の台所(キッチン)」という言葉が出てきています。
この箇所では永田町の妖怪と呼ばれている国会議員達による政治腐敗が描かれていて、この場合の「台所(キッチン)」は彼らの無為無策によって逼迫してしまった国家財政を指しています。

このように、この曲は、売春、企業倫理、教育現場、政治など、描写している場面がめまぐるしく転換しているのですが、共通しているテーマがあります。
それは堕落です。
つまり、この曲のタイトルである「汚れた台所(キッチン)」は個人レベルから国家レベルに至るまで日本国民総堕落を意味している言葉だと思います。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード