ボボは夜ひらく

【データ】
●作詞:桑田佳祐(「圭子の夢は夜ひらく」の替え歌)
●作曲:曽根幸明
●演奏:桑田佳祐
●披露された番組:やさしい夜遊び

赤く咲くのはケシの花 白く咲くのはユリの花
どう咲きゃあいいのさ この私
夢は夜ひらく

赤く見えるはドテの壁 白く光るはガマン汁
どう突きゃあいいのさ このサオで
ボボは夜ひらく

アナル・陰核・前立腺 私の(ピ~ッ)は濡れていた
入口どんなに黒くても 中はすぐひらく

昨日青姦 今日和姦 明日は3Pか乱交か
こすれただれて先細り ボボは夜ひらく

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

中村雅俊氏@日本テレビ・ズームイン!!SUPER・エンタパラダイス:9月17日放送

「あの曲(恋人も濡れる街角)と出会ったってことはとても素晴らしいことだと思ってます」

(中村雅俊氏@日本テレビ・ズームイン!!SUPER・エンタパラダイス:9月17日放送)

【はい、感想!】

青春モノのイメージが強かった中村さんにとって、「恋人も濡れる街角」は転機となった作品で、この曲のリリース後、役者としても歌手としても、大人のアーティストのイメージにうまく転換できたようです。

興味深いのは、この曲の歌い方がそれまでの中村さんの歌い方とは全く違うという点です。
たぶん中村さんは桑田さんの歌ったデモ・テープを相当聞き込んだんでしょう。
それに、この曲は中村さんにはキーが高く、ライヴではサビの部分をとてもキツそうに歌っていて、それがまた余計に桑田さんっぽく聞こえました。

最近の中村さんはキーを下げて、この曲の持つアダルトな雰囲気を強調して歌ってるようです。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

♪タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

80年代に「笑っていいとも」に出演していたオカマのキンヤさんがこの曲をカバーしたレコードを出したという話を聞いたことがあります。
この曲をカバーしようなんて、なかなかの通ですよね。
残念ながら、僕はキンヤさんが歌ったこの曲を一度も聞いたことがありませんし、たぶんヒットはしなかったんじゃないでしょうか。

僕はこの曲好きなんですが、桑田さんは「レアでコアなナンバー」という位置付けをしているようですね。

♪タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

この曲の間奏はストリングスによるAメロで、近年のライヴでは、サポート・メンバーの片山さんがこの部分をシンセで再現するのが通例になっているようです。

しかし、ご存知の方も多いかもしれませんが、かつてのライヴでは、間奏は桑田さんのギター・ソロだったんです。

ギターを抱えつつも、まるでジョー・コッカーのように両手をバタつかせながら歌っていた桑田さんが間奏でギター・ソロを弾くんですが、その時の桑田さんは佇まいからメロディーから、全てがエリック・クラプトンそのものに見えました。

今でこそ桑田さんのギター・プレイにクラプトンからの多大なる影響を垣間見ることは珍しくありませんが、80年代当時の僕には、ギタリスト・桑田佳祐のクラプトン化がとても衝撃的でした。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

Name: ひさこ
Subject: タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

お久し振りです!私の空耳はタバコ・ロードにセクシーばあちゃんの歌詞です。「ふたりともに夢から醒めたときには90years old」の90years old =「泣いていいぞ」と聴き間違えていました。
ばあちゃんは、じいちゃんと愛し合っていた若かりし頃の夢を見ていた。しかし夢から醒めて、とても切なく寂しい気持ちになった。そんなばあちゃんに桑田さんが優しく「泣いていいよ」と言ってるのだと思ってました。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

Name: キタヤワダチ
Subject: 強烈!!!タバコ・ロードにセクシーばぁちゃん

腹を抱えて笑いながら歌った歌です。

どこに笑えたか以下、歌詞を抜粋します。

この歌に見るばぁちゃん像の解釈、マーシャ様お願い致します。

追記:タバコ・ロードとは一体何なのですか?

   昔はよく自分の家の目印にタバコ屋を使いましたよね?

   で、桑田さんも家路に着く時近所のタバコ屋のばぁちゃんが

   あんまりにも強烈で思わず歌にしてしまった・・・

   そんな感がしました。

   セクシーばぁちゃん強烈過ぎ~♪

   ではそんなばぁちゃんの強烈ブリを以下列記!!!


   タバコ・ロードで逢った Sexy ばあちゃん
夢多かりし年ごろ別れたじいちゃん どこにおると
見境なく Serchin' for him

(セクシーばぁちゃん、じぃちゃんが亡くなったショックで

 ボケてしまったんでしょうか?見境なくじぃちゃんを探す姿が強烈)

*別れたじぃちゃんは離婚したのではなくあくまでも死に別れと解釈

今にも泣きそうな Sexy ばあちゃん
あきらめず 耐えきれず (Oh Sexy ばあちゃん)
あまり無理をするほどには
いかずとも じいちゃんに逢いたい

(そしてじぃちゃん探しというのが、野郎ならイケなくても誰でもイィの

 というばぁちゃんの傍若無人ブリが強烈)

Oh! No! ふたりともに夢から醒めた時には 90 years old
(寄る年波)別れたままこのまま
死にきれず ばあちゃんは Only one without Funky じいちゃん

(90歳という御年にも関わらず寄る年波どころではありませんがな!原坊!

 じぃちゃんよりもばぁちゃんの方がFunkieに思えてならない程強烈!)


心の夫よ C'mon, C'mon, C'mon, C'mon, in
恋して燃えて So long, So long, So long, So long,
She's gonna move, She's gonna move

(ああ、年寄りのセックスってなんて強烈過ぎなのかしら・・・

 英語表記したところで情景はまさにShe's gonna move・・・

 布団圧縮パックで縮めたような皮と皺のばぁちゃんが励む姿はマニアックに強烈!)


別れた人を今さら忘らりょか
She's gonna die, She's gomma die
これじゃばあちゃんもつらい Oh! yeah!

(いや、これをカラオケで歌ってる自分がツラかった!お~いぇ~ってな具合に強烈)

No! No! そばに居てたころから彼と行きたやタバコ・ロード
(それだけなの)夜になれば寒かろ

  (なおかつここでばぁちゃんはタバコ屋のばぁちゃんではなく

   タバコ屋の前でポン引きをしているばぁちゃんだったのだと発覚したのが強烈)

このままじゃじいちゃんは Nowhere man without Sexy ばあちゃん
心の夫よ C'mon, C'mon, C'mon, C'mon, in
恋して燃えて So long, So long, So long, So long,

心の夫よ C'mon, C'mon, C'mon, C'mon, in
恋して燃えて So long, So long, So long, So long,
She's gonna move, She's gonna move
別れた人を今さら忘らりょか
She's gonna move, She's gonna move
別れた人を今さら忘らりょか
She's gonna die, She's gomma die
これじゃばあちゃんもつらい
じいちゃんもいないで情けないもんね
タバコロードで……………

  (情けないどころか・・・笑わさしてもらいました。桑田さんの歌詞で笑えるの

   この曲ぐらいなのでは?というぐらいこの歌詞強烈過ぎ)


さ~マーシャさん!出番でございますよぉ~!!!

Name: マーシャ@桑田節
Subject: Re: 強烈!!!タバコ・ロードにセクシーばぁちゃん

> 腹を抱えて笑いながら歌った歌です。
> この歌に見るばぁちゃん像の解釈、マーシャ様お願い致します。

この曲の解釈は男と女では大きく違うのかもしれません。

ワダチさんは同じ女性として、このお婆ちゃんを笑えるかもしれませんが、異性の僕は笑えないんですよ。

理由は二つあります。

その1
老人性痴呆症を患っていると思われるお婆ちゃんの徘徊に悲哀を感じてしまう。

その2
症状によっては、ボケは家族の存在さえ忘れさせることもあるのに、このお婆ちゃんはお爺ちゃんの存在を決して忘れることなく(死んだ事実は忘れても)、ひたすら追い求めています。
よく「女は灰になるまで」と言いますが、まさにこの曲は、老いても恋する、女の性への強い執着や情念の底知れない深さを恐ろしいまでに如実に描写しているので、感情移入して聞くと、心も身体も萎えてしまう。

> 追記:タバコ・ロードとは一体何なのですか?

ジョニー・ウィンターという大御所ブルース・ギタリストのナンバーからパクッた言葉だと聞いてます。

> (セクシーばぁちゃん、じぃちゃんが亡くなったショックで
>  ボケてしまったんでしょうか?見境なくじぃちゃんを探す姿が強烈)
> *別れたじぃちゃんは離婚したのではなくあくまでも死に別れと解釈

心の夫よ C'mon, C'mon, C'mon, C'mon, in
恋して燃えて So long, So long, So long, So long,

という部分から、僕は、お爺ちゃんの死は腹上死で、その時の強烈なショックがお婆ちゃんをボケさせ、見境なくお爺ちゃんを追い求めさせ、お爺ちゃんと同じような死に方を求めて彷徨わせているんだと解釈しています。

尚、ワダチさんがしたような性描写を伴うコメントは控えます。
老女の性を想像することは、男の僕にはあまりにもキツくて・・・。

Name: キタヤワダチ
Subject: 歌の斬り方/見当の違いとは?

> この曲の解釈は男と女では大きく違うのかもしれません。

うーん、時々気になるのがマーシャさんがワタクシをウーメンと見て接されている
トコロなんですが・・・一応、ボディはウーメン、心は野郎でございます。

> ワダチさんは同じ女性として、このお婆ちゃんを笑えるかもしれませんが、異性の僕は笑えないんですよ。

ワダチさん的に言えば、マーシャさんの解説の方が女性的だったので聊か驚いてます♪
(あ・・・お気を悪くなさらないでね♪)


> 理由は二つあります。
>
> その1
> 老人性痴呆症を患っていると思われるお婆ちゃんの徘徊に悲哀を感じてしまう。

この意見はマーシャさんと全く同じです。理由は後ほど・・・
インターミッション桑田佳祐リリック考で説明したいと思います。

> その2
> 症状によっては、ボケは家族の存在さえ忘れさせることもあるのに、このお婆ちゃんはお爺ちゃんの存在を決して忘れることなく(死んだ事実は忘れても)、ひたすら追い求めています。

多分、それは生前のじぃちゃんが・・・もんの凄いテクニシャンかつ遊び人では
なかったのか?という事が推測されます。
若かりし頃のばぁちゃんはじぃちゃんと接合する事で唯一の愛を感じていたのかも知れません。
脳は例えボケていても・・・体はファンキーじぃちゃんのエクスタシーを覚えていたのでしょう。

> よく「女は灰になるまで」と言いますが、まさにこの曲は、老いても恋する、女の性への強い執着や情念の底知れない深さを恐ろしいまでに如実に描写しているので、感情移入して聞くと、心も身体も萎えてしまう。

感情移入させるのは、これはもう桑田さんのテクニックと言えるかも知れません。
歌詞を見るのと曲に併せてフレーズを耳にしているのとでは印象がかなり違いますからね。

そしてまたこれが桑田さんの最大の魅力でもありますから・・・

ちなみに、今回のお題では・・・
切ないブルース調の歌の割には強烈なリリックというギャップに焦点を当て
桑田さんのリリックで遊んでみようというワダチ流のツッコミを入れてみました。

>僕は、お爺ちゃんの死は腹上死で、その時の強烈なショックがお婆ちゃんを
>ボケさせ、見境なくお爺ちゃんを追い求めさせ、お爺ちゃんと同じような死
>に方を求めて彷徨わせているんだと解釈しています。

じぃちゃんがどういう亡くなり方をしたのかは知る由もありませんが・・・
きっとばぁちゃんが狂ってしまうような壮絶な亡くなり方をしたのでしょう。

> 尚、ワダチさんがしたような性描写を伴うコメントは控えます。
> 老女の性を想像することは、男の僕にはあまりにもキツくて・・・。

老人の性さえも歌にしてしまう桑田さんのフトコロの広さには度々感心させられますね♪

>ジョニー・ウィンターという大御所ブルース・ギタリストのナンバーから
>パクッた言葉だと聞いてます。

をぉー、是非そちらも併せて聞いてみたいと思います

Name: マーシャ@桑田節
Subject: 女の性(さが)と情念

> うーん、時々気になるのがマーシャさんがワタクシをウーメンと見て接されている
> トコロなんですが・・・一応、ボディはウーメン、心は野郎でございます。

女性を女性として扱うのは紳士たる礼儀のつもりだったんですが、どうもお気に召さなかったようですね。
すいませんでした。
以後気を付けます。

僕の「この曲の解釈は男と女では大きく違うのかもしれません」という発言がワダチさんの気に障ったようですが、僕は解釈の正誤や優劣の有無を言ってるんじゃありません。

女性の生理の辛さ・出産の痛み・エクスタシーの快感・その他、男性には絶対にわかり得ないことが多々あります。
わからないからこそ、男性はわからないことを自分なりに想像したうえで、女性を尊敬したり、怖がったりするのです。

昔から「女は灰になるまで」とよく言われていますが、男にはこれに該当するような言葉はありません。(単に僕の知識不足かもしれませんが・・・)

僕はこの曲にその女の性(さが)や情念を感じました。
男性の僕にはよくわからなくても、女性なら「同性としてよくわかる」という部分があるんじゃないかと思って、「この曲の解釈は男と女では大きく違うのかもしれません」と書きました。

しかし、性差を持ち出すことで気分を害されるのであれば、今後このような発言はしないようにします。

余談ですが、僕がこの曲の解釈で性的な表現を避けたのは、別にカマトトぶったわけじゃなくて、単に老人の性行為を想像するのが気持ち悪くて嫌だっただけです。
僕もいずれは老いてエロジジイになるのに、全く勝手なもんです。

> ワダチさん的に言えば、マーシャさんの解説の方が女性的だったので聊か驚いてます♪

イヤ~ン、女だってバレた~ん!(笑)
どの辺を指して女性的と思ったのかわかりませんが、仕事でも女性と接する機会が多いので、自分でも知らないうちに女性的な感覚を身に付けてるのかもしれませんね。

theme : サザンオールスターズ
genre : 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

マーシャ

Author:マーシャ
いらっしゃいませ!
桑田節へようこそ!!

当ブログは、桑田佳祐氏が作詞した楽曲の歌詞の中で、意味が難解と思われるフレーズに着目し、面白おかしく真面目に解釈して楽しもう、サザンについて「何故だろう?」と不思議に思う事象を解釈して楽しもうという、とっくにどこかのサイトがやっていそうな企画を基に、線香花火のごとき華々しさでWEB上に登場しました。

ものの捉え方は人それぞれ、千差万別です。
見る角度をちょっと変えるだけで、今まで気が付かなかったものが見えてくることもあります。

当ブログにお越しくださった皆さんには、色んな解釈の仕方を自ら試みたり、人のを見たりして、感心したり、笑ったり、サザン・ファンは勿論、そうでない方にも楽しんでいただきたいと思います。




メルマガ購読・解除
 

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazonサーチウィジェット
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード